純正または互換バッテリーを複数用意していく

旅行先ではスマートフォンがフル稼働します。メールやSNS、ウェブの閲覧以外に、時刻表や地図を確認したり、あるいは画像や動画を撮影することになるからです。ただ、当然、たくさん使えばそれだけバッテリーの消費が激しくなってしまい、すぐにスマホはバッテリー切れとなり、動かなくなってしまいます。では、旅行先でのバッテリー消費問題を解決できる方法はあるでしょうか。 まず、バッテリーを一つではなく、複数用意するという方法があります。純正のバッテリーは高価なので買いづらいという場合は、安価な互換バッテリーを買うという手があります。互換バッテリーはオフィシャルなものとして認められていないので、利用は完全な自己責任になりますが、純正バッテリーよりも確実に安く購入することが可能です。

モバイルバッテリーなら一個で何台もの電子機器を充電できる

また、モバイルバッテリーを持つという方法もあります。モバイルバッテリーとは、充電用の端子がついた持ち運び可能なバッテリーのことで、大容量のものであれば、スマートフォンを2回から3回、まったくのゼロの状態からフル充電できるようになっています。バッテリーそのものを何個も持っていくよりかはモバイルバッテリーを一個持っていった方が簡単ですし、また、ガラケーやタブレットなど、対応する充電端子を持つ電子機器であればスマホ以外でも充電することができるので便利です。もちろん、充電するには対応するケーブルが必要になります。 モバイルバッテリーは基本的に、容量が大きければ大きいほど重くなるので、携帯性と容量のバランスを考えて選ぶといいでしょう。